天気予報

14

6

みん経トピックス

伏見月桂冠前に「バスの駅」伏見で寒天フェスタ

伏見で「たんぼラグビー大会」 「向島地域振興の核に」伏見工業OBら地元有志が呼び掛け

伏見で「たんぼラグビー大会」 「向島地域振興の核に」伏見工業OBら地元有志が呼び掛け

泥だらけになってプレーするたんぼラグビー(画像提供=たんぼラグビー実行委員会)

写真を拡大 地図を拡大

 京都市伏見区向島(むかいじま)地区の農地で6月17日、地域振興を目的としたスポーツイベント「第1回たんぼラグビーin京都・向島」が行われることが決まり、地元農家や住民らで構成する「京都向島たんぼラグビー実行委員会」が準備を進めている。

子どもも楽しめるたんぼラグビー(画像提供=たんぼラグビー実行委員会)

 たんぼラグビーは、田植え前の水を張った泥田で行う球技。「スポーツ本来の最大の魅力『楽しさ』の追求と人々や地域を繋(つな)ぐ」をキーワードにしており、子どもから大人まで年齢性別を問わず楽しめるのが特長という。試合時間は5分間、両チーム4人ずつで行う。

 今回のイベントについて、京都市立伏見工業高校ラグビー部OBで地元農家の宮本直嗣さんは、「以前から広大な向島地域の農地を利用したイベント開催を模索してきた。今回、地域を超えた交流活動を通して、同地域の地域振興や活性化につなげていくことを目的に企画した。田植え前の田んぼで、泥まみれになって何かに夢中になれる楽しさを味わっていただけたら」と話す。

 当日は、主催者から招待された「向島女子選抜」「向島南小学校選抜」「向島中学校ラグビー部」「伏見工業OB選抜」など地元チームを中心に、約20チームが出場する予定。

 そのほか、坂を上って田植えをして、最後はトライをしてタイムを競う障害物競走「たんぼフラッグ」、競技に参加しない子どもたちも泥んこ遊びができるエリア「ちびっこ広場」など、幼児から大人まで自由に参加できるプログラムやエリアを用意する。

 宮本さんは「伏見は伏見工業に代表されるように、ラグビーが盛んな地域。継続的に開催することで、全国的な大会を開けるような『たんぼラグビーの聖地』を目指したい」と意気込む。

 イベントの詳細はFacebookで、随時発表していく。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング