天気予報

10

4

みん経トピックス

長岡京で日本茶セミナー伏見でチンチン電車パネル展

長岡京のイタリアン「肉巻きチーズリゾット」が人気 イベント限定から看板メニューに

長岡京のイタリアン「肉巻きチーズリゾット」が人気 イベント限定から看板メニューに

Sensibilitaの肉巻きチーズリゾット

写真を拡大 地図を拡大

 京都府長岡京市のイタリアン「Sensibilita」(長岡京市長岡)の肉巻きチーズリゾット(400円)が人気を集めている。

肉巻きリゾットを考案したSensibilitaの松本さん

 同店はオーナーシェフの松本浩史さんがオープンしたカウンター形式のイタリアンレストランで、9月に5周年を迎えた。

 松本さんによると、9月16日にバンビオ広場公園(長岡京市神足)で行われたワークショップイベント「ママ・キッズまるごとマルシェinかしこ暮らしっく長岡京」に出店した際に、「主催者の田中昭美(てるみ)さんと相談して考案したメニュー」という。

 経緯については「最初はベーコンを焼いたシンプルなメニューを提案したが、『親子で楽しめるイベントメニューにして欲しい』というリクエストが出た。元々、付け合わせで提供していたリゾットが好評だったので、チーズリゾットに肉を巻いたオリジナルメニューを考えた」と説明する。

 イベント当日は、大雨の悪天候になったが用意した200個のうち150個を販売。「ホットプレートで温めたため、温度が上がらずに時間切れで結果的に50個が残った。残りをお店で期間限定メニューとして販売したところ、口コミで評判が広がり、パスタを上回る人気メニューになった」とも。

 松本さんは「期間限定で当初は追加で販売するつもりはなかったが、販売再開のご要望を多数いただき、定番メニュー化を決めた。チーズリゾットに加え、今後はチャーシューリゾット、ブラックペッパーリゾットなどの種類も増やしていきたい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング