天気予報

17

15

みん経トピックス

日本神話のお話と人形劇伏見7商店街で合同夜市

天王山で「秀吉のお宝」探索イベント 参加者少数で開催ピンチ、コスプレ参加者呼び掛け

  • 0
天王山で「秀吉のお宝」探索イベント 参加者少数で開催ピンチ、コスプレ参加者呼び掛け

天王山を指差す山本町長と林さん

写真を拡大 地図を拡大

 大山崎町・天王山で8月11日開催予定の「天王山で秀吉のお宝をゲットせよ!」イベントが現在、参加者少数で開催のピンチを迎えている。

 8月11日の山の日に合わせて天王山に登り、「秀吉のお宝」を探し出す同イベント。大山崎町は羽柴秀吉と明智光秀が天下を争った「山崎の合戦」(別名=天王山の戦い)の舞台として知られ、天王山の素晴らしさや歴史を知ってもらうために企画した。

 発案者で同町経済観光課の林享さんは「50組200人の参加者を募っているが応募者数が少なく、このままではイベントが流れてしまうかもしれない」と話す。

 同イベント内容は、地図を頼りに指定のエリア内に設けた6カ所のターゲットを探し出し写真を撮影し、宝積寺(ほうしゃくじ)と山頂でミッションとクイズに挑戦するもの。タイムレースの上位10組には賞品を進呈する。

 このほか、「大山崎ならではのプレゼント」を用意する全員参加のお楽しみ抽選会もあり、コスプレ参加者には、特別賞も用意している

 大山崎町では現在、イベント中止を回避するため山本町長を交え緊急会議を行い、「富士山に次いで有名な山」をキャッチフレーズに同イベントを盛り立てようとしている。

 山本町長は「山の日は天王山に登るという日本一の登山イベントに育てたい。秀吉の天下取りが始まった場所で、秀吉の気概を感じてほしい。イベント当日は私も大好きなコスプレをして参加する。秀吉や足軽、忍者、姫などいろんな歴史コスプレーヤーや歴史好きの人が参加してくれるのを楽しみにしている」と呼び掛ける。

 開催時間は9時~11時。参加料は300円。定員は50組(200人)。問い合わせは「天王山をまもる事務局(大山崎町役場経済環境課内、TEL 075-956-2101)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング