天気予報

29

19

みん経トピックス

長岡京でママキッズマルシェ龍谷大学で「8ミリ上映会」

伏見で産官学連携パネルディスカッション 区長と伏見の魅力を討論

伏見で産官学連携パネルディスカッション 区長と伏見の魅力を討論

産官学連携パネルディスカッションのポスター

写真を拡大 地図を拡大

 龍谷大学深草キャンパス(京都市伏見区深草塚本町)で9月25日、馬屋原宏伏見区長らが参加する討論会イベント「伏見産官学連携パネルディスカッション」が行われる。主催は京都中小企業家同友会伏見支部。

 「地域貢献による地域内経済循環」を理念に掲げ、さまざまな活動を行っている同支部。昨年度からは龍谷大学政策学部大学院の青山公三教授と連携し、「地域公共政策士資格取得のための総仕上げ」「地域公共人材を育成すること」などを目的とした大学院の修士プログラム「キャップストーンプログラム(Capstone Program、以下CS)」を展開している。

 今回のディスカッションはその一環で、同支部の呼び掛けに馬屋原伏見区長、龍谷大学の白須正教授、京都文教大学の森正美教授が賛同する形で実現した。

 当日は、伏見区担当者が「伏見区基本計画」を説明した後、同支部の渡邊博子支部長ら支部会員とのパネルディスカッションを行うほか、学生らも参加するグループ討論会で「伏見の魅力、個性、地域の強み」などを話し合う。

 イベントを企画した戸田紳司実行委員長は「今回のイベントは、同友会の会員企業が『地域との関わり方』を考えるきっかけの場にしたいと企画した。産官学と地域が共有しながら育てていけるテーマも考えていきたいので、足を運んでいただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は18時30分~21時。入場無料。会場は紫光館龍谷エクステションセンターREC4階。問い合わせは京都中小企業家同友会事務局(TEL 075-314-5321)角本さんまで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング