天気予報

27

18

みん経トピックス

たんぼラグビーまで2カ月2020年大河ドラマに歓声

長岡京で「明智光秀」大河誘致活動 ツイッタートレンド1位など注目高まる

長岡京で「明智光秀」大河誘致活動 ツイッタートレンド1位など注目高まる

「明智光秀・細川ガラシャ」の大河ドラマ誘致活動を行う、乙訓戦国つつじの大西恒さんと今井かなさん

写真を拡大 地図を拡大

 長岡京市の長岡天満宮で4月21日に行われる「たけのこフェスタ」で、 NHK大河ドラマ「明智光秀・細川ガラシャ」の誘致活動が行われる。誘致活動を行うのは、長岡京市の大河誘致のキャラバン隊を務める戦国劇団「乙訓戦国つつじ」。

 同市では、明智光秀やその娘の細川ガラシャ、細川幽斎、忠興親子などをテーマにしたNHK大河ドラマ誘致を推進しており、2011年にNHK大河ドラマ誘致評議会を周辺市町と連携して設立。2016年にも中小路健吾市長がNHK放送センター(東京都渋谷区)を訪れ大河ドラマ誘致の要望書を提出するなどしてきた。

 同評議会は、2018年4月現在、長岡京市、亀岡市、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市、綾部市、大山崎町と兵庫県篠山市、丹波市の10市町の行政、商工・観光団体、いずれもガラシャ、光秀、細川忠興(ガラシャの夫)と幽斎(忠興の父)ゆかりの市町が参加している。

 誘致の展望について乙訓戦国つつじの大西恒さんは「一部報道機関の『2020年の大河ドラマは明智光秀が有力』の報道を受けて、地元では期待感が高まっている。その報道を受けて『明智光秀』がツイッタートレンド1位になるなど、世間の注目も非常に高いようだ。今後の誘致活動にも弾みが付く」と期待を寄せる。

 戦国つつじは4月30日と5月13日、「本能寺の変」で有名な京都・本能寺でも誘致活動の一環として時代劇の披露を行なう予定。

 たけのこフェスタは10時~15時。長岡天満宮の他、乙訓寺でも行なう。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング