見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

伏見区役所で「ふしざく祭」 伏見オリジナル市民活動イベントの成果報告

ふしざく祭のチラシを持つ京都市まちづくりアドバイザーの亀村さん

ふしざく祭のチラシを持つ京都市まちづくりアドバイザーの亀村さん

  •  

 京都市伏見区役所で3月10日、伏見の市民活動イベント「伏見をさかなにざっくばらん(ふしざく)」の、1年間の活動報告会が行われる。

 「ふしざく」は、伏見の町を元気にすることを目標に、市民同士が考えて形にしていく「参加型イベント」。参加者がやりたいことを発表、それを他の参加者が協力しながら年間を通して形にしていく、伏見オリジナルの市民活動イベントとして知られ、今年度で6年目になる。

[広告]

 本年度は「伏見の環境を守る会」「伏見歴史Do!」「チームお城マップ」「伏見チンチン電車の会」「伏見寒天プロジェクト&ゆるキャラユナイテッド」「伏見1000人de気功」「蔵ジャズフェスティバルwith日本酒を肴にざっくばらん」「チーム街コミ」「伏見の昔話を掘りおこす会」「伏見子ども歌舞伎実行委員会」「和みの空間」「すばる高校生とつくるまち歩きマップ」「歩いて探そう伏見かい」「幻の巨大池・京都伏見巨椋池再発見」「伏見発の会」「鳥羽伏見の戦い150年プロジェクト」「伏見京街道ツーリングマップ」の、17チームが活動を行ってきた。

 当日は、まずチームの代表がステージに上がり、活動を始めたきっかけやふしざくの良いところなどを語るトークショーを行う。その後、12月と1月にふしざく参加者に対して行ったアンケートの結果を事務局から紹介する。17チームの活動紹介を行うブースや染め物ワークショップや鳴子づくりができキッズコーナーも設ける。

 ふしざくの事務局メンバーで京都市まちづくりアドバイザーの亀村佳都(かず)さんは「今年は昨年よりも3チーム多い、17チームが活動した。京都府立京都すばる高校の生徒が参加するなど、若い世代が増えたのが今年の特徴。多彩なテーマでチームが活動しているのも、伏見らしさの表れだと感じる。報告会では、各チームの活動のプロセスや思いを聞いていただくことで、仲間と一緒に作る楽しさも感じられるので、ぜひ足を運んでいただけたら」と呼び掛ける。

開催時間は13時~16時